キッチンリフォームの費用を安く抑える方法について

キッチンリフォームの費用を安く抑える方法について

キッチンリフォームの費用にはキッチンや設備機器そのものだけでなく解体や床、壁、水道やガスの工事費を合計した金額が必要になります。
ショールームやカタログなどでキッチンや設備機器の価格を見ることができますが、この価格に工事費は含まれていません。
工事費は従来のキッチンを新しいキッチンに入れ替えるだけの場合よりも、キッチンの形そのものを変更したり、水栓やコンロ、レンジフードの位置を変更する場合のほうが配管工事などが必要になりますので費用は大きくなりがちです。
キッチンリフォーム費用を安く抑えたい場合は今まで使っていたガスコンロなどを流用する方法もあります。
この場合は新しいコンロを購入する必要がありませんので費用を抑えることができます。
ただし、これは古いコンロが新しいキッチンと方が合う場合に限られる方法ですのでよく注意してください。
設備機器を新しくしつつ費用を抑えたい場合はガスコンロの機能やトッププレートの素材を安価なものから選ぶことによって費用は変動します。
IHの場合は三口のうち一口をラジエントにするなどの工夫で費用を抑えることができます。
機能差やトッププレートの素材によっては二十万円近く費用を抑えることができる場合もあるようです。
また、工事業者によってはキッチン価格の値引きを行ってくれる場合があります。

    関連サイトのリンク集

  • 地震や火事に強くRC外断熱をお考えの方には、災害に対して強く安全である事をコンセプトに作られた住宅で、一年を通して快適に過ごせる建築士のサイトがおすすめです。

Copyright(C) さまざまなリフォームの費用と注意点について All Rights Reserved.