耐震リフォームの工事費用について

耐震リフォームの工事費用について

東日本大震災の影響からか、最近は耐震リフォームを検討する人が増えています。
耐震補強の費用というのは工事が必要な建物の規模や建築年代によって大きく変わりますので工事費用の総額はなかなか一概に言えません。
しかし平均の費用は大体190万円くらいになっています。
工事を希望する建物の耐震診断が低いほど費用は高額になる傾向があります。
自治体によっては耐震工事の費用が補助される場合がありますので耐震工事の費用が予想よりも大きかったからといってすぐにあきらめてしまうことはありません。
工事箇所を絞るなどの工夫によって工事費用を抑えることもできます。
耐震工事は大きく分けて壁の補強、耐震金物の取り付け、基礎の補強などがあります。
壁の補強には筋交いという部材を設置したり、壁を耐震用の壁材に置き換えるという方法があります。
外壁を触らずに筋交いを内側から設置した場合は比較的安価に耐震工事ができます。
耐震金物は数千円のものから数万円、取り付ける部位もさまざまです。
一箇所あたりの取り付け費用はそれほど高額ではありません。
また建物の基礎の補強や痛んだ構造材の交換が必要な耐震工事は費用が高額になる場合が多いようです。
見積もりなどをしっかりと確認して不明な項目に関しては遠慮せずに納得できるまでよく業者と相談すると良いでしょう。

    Copyright(C) さまざまなリフォームの費用と注意点について All Rights Reserved.